探偵日誌

漫画『名探偵コナン』事件整理と私の感想。「-*-*-」より下、ネタバレ可能性アリ。文章力向上中につき拙い部分はご容赦&ご指摘願います。

赤鬼村 火祭殺人事件

f:id:deteconayuzu:20171003111230p:image004

 

第2巻 File.1 [割のいい尾行]

          File.2 [完璧なアリバイ]

          File.3 [写真は語る]

 

 

あらすじ

   阿笠博士の提案で小学校に通うことになったコナンは、下校中ある男を尾行している小五郎に遭遇する。後日、その仕事は、「3日間男を見張るだけで50万円の報酬」という割のいい仕事だという話を聞く。ちょうどその話を聞いているそのとき、TVから流れてきたニュースは、なんと、小五郎が3日間尾行していた男が焼死したというニュースだった…。

   事件の証人として警察に訪れた小五郎は、目暮警部から、その焼死した男には5億円の生命保険がかけられていたと聞く。そして、その保険金の受取人は、男の見張りを依頼した張本人であり、焼死した根岸の友人・阿部豊だった。

  あまりに不自然な点に阿部を犯人だと疑う小五郎だったが、阿部は犯行があったとされる時間帯、犯行は不可能な場所にいたという完璧なアリバイがあった。

   

 

登場人物

f:id:deteconayuzu:20171003111430j:imagef:id:deteconayuzu:20171003111438j:imagef:id:deteconayuzu:20171003111448j:imagef:id:deteconayuzu:20171003111457j:imagef:id:deteconayuzu:20171003200430j:image

 

 f:id:deteconayuzu:20171003111551j:image 阿部豊毛利小五郎の依頼人。

f:id:deteconayuzu:20171003111603j:image 根岸正樹(42)…阿部の友人

 

解決のカギ🔑

 尾行写真、キック力増強シューズ

 

 

-*-*-*-*-*-*-*- ネタバレ アリ -*-*-*-*-*-*-*-

 

 

 

感想

  今回の事件は、「犯人は絶対アイツなのにアリバイを崩せない!!」という、ハウダニット中心の話です。

  コナンくんはというと、小学生っぷりが可愛い。口調が…。ちゃんと、小学校でも毛利家でも、犯人の前ですら"小学生"演じてるとこが、可愛い。ちょっと『コナン』に慣れてきたとこかな!
  しかし、小五郎に「おまえの顔、どっかで…」と正体バレそうになり焦るコナン。そうだよね。だって顔、小さい頃の新一だもんね!?娘の幼なじみなら見たことあるよね…。メガネが唯一の変装道具。

 

  最後のシーンでは、アニメ『YAIBA』を観ながら居眠りするコナンくん。『YAIBA』といえば、言わばコナンの前身。主人公・鉄刃の髪をサラサラにしたのがコナンだとか…。

  あの、名探偵が観るアニメだもん!やっぱり青山作品は面白いよね♪

 

♠︎阿笠博士メカ・その2

   博士が作ってくれたメカ、第2弾!その名も「キック力増強シューズ」!!

  これがすごくて、「電気と磁力で足のツボを刺激し、筋力を極限まで高める道具じゃ!!」by博士。あくまで補助道具であって、パワー源はコナンってところが素晴らしい。

  その威力は凄まじく、ダイヤルを「中」に合わせただけで数十メートル先にある大木を倒せるレベル。これは、人、直で蹴っちゃダメだね。

 

♠︎江戸川コナン小学校へ

  博士の助言で小学校に通うことになったコナン。ランドセル姿超可愛い…。大人の頭脳のままで小学生からやり直すなんて、人類の夢(?)だけど、コナンからすれば「日本警察の救世主」とまで呼ばれてた人だから、そりゃ勘弁よねぇ。

   それでも、女の子に注目されるのは嬉しいんだね!たとえ小学生でも!?

  初めは嫌がってた小学校なのに、博士からステキなメカもらって楽しくなっちゃって、博士に「参観日になったら、来てくれよー‼︎」なんて笑顔で言っちゃうの可愛すぎでしょ…。

 

♠︎コナンvs.犯人

    海外に逃亡するため空港にいた犯人に、呼び出しがかかる。呼び出し人の名は、殺したはずの根岸正樹からだった。この時の犯人の心情といったら…。空港まで来て、後は飛行機乗るだけと多少余裕もかましてただろうに…。呼び出された時の「!?」という犯人の表情に、その時の心情が全て表されてる。

  犯人が呼び出された駐車場に行くと、どこからか自分の考えたアリバイを暴く声がする。「どお?当たってた?」と言う声の主は、なんと子供だった。犯人は驚きの連続だろうなぁ。全然知らない子供だし…。「誰?なんで知ってんの?」ってなるよなぁ。

  自分の犯罪を見事に暴かれる犯人。でも相手は子供。油断しまくりの余裕たっぷりで、うっかり「殺したのは自分」と口を滑らしたのが運の尽き。"頭脳は大人"のコナンくんはしっかりとその言葉を録音していた!さすがっっ!!

   逆上した犯人だけど、最後にはコナンの例のシューズにより、タイヤを顔面にヒットさせられる。そう…あのシューズは、数十メートル先の大木を倒せるレベル…そしてあの時はサッカーボールでした。それを至近距離で更にタイヤでとなると……。お察しします。あ、でもダイヤル「小」だったのかな。まあ、それくらい酷いことしたんだから!当然の報いだっ!

  この後、犯人は目暮警部たちに見つかるのだけれど、犯人の自首のさせ方まで見事なコナンくんでした♪

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-

あとがき

   お久しぶりです。2巻に突入しました!

  そして、今回の『赤鬼村 火祭殺人事件』が今週のアニメで放送されるとな!デジタルリマスター版で!やったー!!

  これ書きながら、「これアニメ観たいなぁ。この可愛いコナンくんの動いてるところ観たい、可愛い声が聴きたい!!!」って思ってたので、このタイミングで放送されるの本当に嬉しい。読売テレビ様、ありがとうございます。

  初期のコナンくんって、今(2017年現在)よりちょっと声高めで可愛さ全開だし、漫画もアニメも、今より少しコミカルな感じするから、そこがまた良いんですよね。好きなんです。

  今からすごく楽しみです!!放送前に書き上げられてよかった!!…あ、放送後の方が良かったのかな?ま、いいか(笑)

 

 

 

♡♡♡♡♡THANK YOU FOR READING ♡♡♡♡♡

〜My favorite 1コマ〜

 

 f:id:deteconayuzu:20171003112045j:image

 

名探偵コナン』2巻 p34より

 

アイドル密室殺人事件

f:id:deteconayuzu:20170925171005j:image 003

第1巻 File.6[迷探偵を名探偵に]

          File.7[血ぬられたアイドル]

          File.8[あなたに似た人]

          File.9[不幸な誤解]                     

 

あらすじ

  体が小さくなってから3日目、未だに黒ずくめの男の情報は入って来ない。それどころか全くやる気のない探偵・小五郎に呆れるコナン。

  そんな暇な毛利探偵事務所に一人の依頼人がやってきた。なんとそれは、毛利小五郎が愛してやまないアイドル・沖野ヨーコだったのだ!彼女から「誰かに監視されているような気がする」と相談を受けた小五郎はヨーコのマンションに行ってみることに。ヨーコが部屋を開けると、そこには背中を包丁で刺されたうつ伏せの男が血を流して死んでいた…。

  被害者の顔を見て明らかに動揺しているヨーコとマネージャー。さらに、この部屋のいくつかの奇妙な点に気づくコナン。部屋に落ちていたイヤリングはヨーコと同期の池沢ゆう子の物だった。

  それぞれが何かを隠している様子のヨーコ、マネージャー、池沢の3人。この密室で男を殺したのは誰なのか…。そして、コナンは小学生の姿でどうやって犯人を暴くのか…!!

  

登場人物

 f:id:deteconayuzu:20170925173321j:imagef:id:deteconayuzu:20170925173356j:imagef:id:deteconayuzu:20170925173408j:imagef:id:deteconayuzu:20170925173423j:imagef:id:deteconayuzu:20170925173432j:image

 

f:id:deteconayuzu:20170925173501j:image 沖野ヨーコ…アイドル

f:id:deteconayuzu:20170925173520j:image 山岸栄一…沖野ヨーコのマネージャー

f:id:deteconayuzu:20170925173534j:image 池沢ゆう子…女優。沖野ヨーコと同期。

f:id:deteconayuzu:20170925173546j:image 藤江明義…ヨーコの部屋に倒れていた被害者

 

 

解決のカギ🔑

 部屋の温度、床のへこみ

 

-*-*-*-*-*-*-*- ネタバレ アリ -*-*-*-*-*-*-*-

 

 

 

感想

  今回の話は、ジェットコースター殺人事件 - 探偵日誌に次ぐ殺人事件。File 4つ分と、初めての"殺人事件メイン"の話。ヨーコちゃん初登場回!そして、おっちゃんが元刑事(しかも敏腕。博士談)だということも判明します。

 

 事件は悲しい誤解から起きたものでした。なんだか私、1番悪いの山岸(マネージャー)な気がする…いや、でもね、マネージャーとしてヨーコちゃんのためを思ってしたことだもんね…色々。まぁでも 山岸さん、アイドルの部屋の合鍵無くしちゃダメでしょ〜〜。

  職種は違えど、また毛利小五郎と現場で捜査することになった目暮警部。ご苦労様です。顔も鼻も体も、全部が丸々しててかわいい警部。

  そして何よりも、江戸川コナンが可愛い。寝起き涙目のコナンくん可愛い。ドアに手が届かないコナンくん可愛い。子どもになりきって「あ、あのね、おじちゃん達…」というのも可愛いかと思えば、「普通、合い鍵とかあんじゃねーの?」と新一口調で言っちゃうのも可愛い。

 

 

♠︎阿笠博士メカ

  博士がコナンのために作ってくれた最初のメカ。それは、老若男女の声を自由自在に出せる蝶ネクタイ型変声機!!めちゃくちゃ画期的な発明品!!ちゃんとコナンの一張羅に合わせて蝶ネクタイ型にしてくれたことによって、使い勝手良し!フォルムの自然さ良し!

  この回では事件解決の大事なキーであり、蘭を安心させるための大事なアイテムでもある。もう、使い方無限大でノーベル賞ものだと思います。

  まず真っ先に作ってくれたメカが変声機な所が、博士のエキセントリックで天才な所…。

 

♠︎「眠りの小五郎」誕生!

   どうにかして推理を伝えたい!とコナンがとった行動は、灰皿を蹴っておっちゃんの後頭部にヒットさせ気絶した小五郎になりかわり、変声期を使い推理ショーすること。おいおい!…うん。まぁそれが1番手っ取り早かったんだよね。なんとかやり遂げたコナンくんに、お疲れ様と言いたい。

  このおかげでおっちゃんも"迷"探偵から"名"探偵へ早変わり♪ コナンくんの素晴らしい苦肉の策。

  今回のは、正確に言えば「気絶の小五郎」だけどね!

 

♠︎蘭の心配

  "悲しみを隠して一生懸命演じている"のは蘭も同じで。新一に会えなくなってから心配で心配でしょうがない。不安に飲み込まれそうなのをグっっと我慢して、みんなの前ではいつもの蘭でいる。 不安で泣いてばかりいるんじゃなくて、みんなの前では気丈に振る舞ってるけど、耐えきれなくて涙流すっていうのが、蘭ちゃんの強さだったり優しさだったり…。そういう所が私は大好き。

  だけど、本当に本当に心配になって居ても居られなくなって、「わ、わたし どうしたら…どうしたらいいの⁉︎」と博士に尋ねる蘭。この時の蘭のどうしようもなく不安な表情を見ると胸がグッとなる…。

  コナンの前でも時々、抑えきれない不安が漏れる。そして、一週間経っても帰ってこない新一についに涙を流す蘭。「新一がいなくなったぐらいで、夜も眠れないんだもん…」なんて。それをそばで聞いてる新一(コナン)の気持ちときたら…。蘭の想いを痛いくらいわかってるのに!本当は安心させたいのに!!すぐそばにいるのに。今のままじゃ何もしてあげられない…。二人して辛い………。

 「早く帰って来てよ…新一‼︎!」の気持が通じたかのように、探偵事務所の電話が鳴る。

  涙拭いて電話出るけど、新一の声聞いてまた涙出てくる蘭ちゃん……。

「オレの事心配して、泣いてんじゃねーかと思ってよ‼︎」の新一に対して、

「バ、バカ…どーして、私が泣かなきゃいけないのよ⁉︎」と目に涙溜めながら返す蘭。 

  二人してあまのじゃく……。  普通のカップルだったら「心配かけてごめんな」「えーん心配してたんだよ〜〜」のところを、この、会話…。そ、こ、が、新蘭なんだよなぁぁぁぁぁ。幼馴染なんだよなぁ。

  そして、しばらく帰れそうにないことを、それとなく告げる新一。

 

  雪の降る中、電話ボックスで蘭に電話するコナンの後ろ姿、なんか良いなぁ。

 

  蘭、待っててあげてね。 いつか、"本音"を聞けるまで。

 

  

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-

あとがき

 書き上げました。やっと1巻分書き上げました!!6月から始めて…(笑)

 書いてるときいつも葛藤する。「こんな薄っぺらいただの感想でいいのかな…」と。ほんとは考察とかしたいけど、今のわたしには…。感想でさえも、うまく書き表すことができず、もどかしさと悩みとともに書き進めてるので(笑) 

 こんな発展途上の感想ブログですが、ラブコメの感想は特に熱を込めて書いてるので!!!めちゃくちゃ暇なとき読んでもらえてると嬉しいです(笑)

 

 

♡♡♡♡♡THANK YOU FOR READING ♡♡♡♡♡

 

〜My favorite 1コマ〜

 f:id:deteconayuzu:20170927102908j:image

名探偵コナン』1巻 P182より

 

 

社長令嬢誘拐事件

f:id:deteconayuzu:20170919141104j:imagef:id:deteconayuzu:20170802111916j:image 002

第1巻 File.3 [仲間はずれの名探偵]

          File.4 [6本目の煙突] 

          File.5[もう1人の犯人]

 

あらすじ

 小五郎に久しぶりの仕事の依頼が入り、話を聞くと谷社長の一人娘・晶子が全身黒ずくめの大男に誘拐されたという。小五郎が目撃者の執事に詳しく事情を訊いている下から、コナンもメモ片手に事情聴取。しかし、子どもの姿では相手にされず邪魔者扱い。それでも黒ずくめが絡んでいるかもしれない…となんとか推理するコナン。色んな人の証言や周りの状況から犯人を見つけ出せたはずだったが…?

 

登場人物

 f:id:deteconayuzu:20170802114014j:imagef:id:deteconayuzu:20170802114052j:imagef:id:deteconayuzu:20170918170435j:image

 

 f:id:deteconayuzu:20170805110803j:image谷社長…晶子の父親。妻は他界している。

f:id:deteconayuzu:20170802114256j:image谷晶子…谷社長の一人娘。10歳

f:id:deteconayuzu:20170918170450j:image麻生…谷社長に仕える執事

 

解決のカギ🔑

 煙突

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-

 

感想

  この話は、新一がコナンになって初めての事件です。 たとえ小学生になろうと、事件には全身全霊で向かっていくのが新一らしい。解決しちゃうのも含めて。どんな状況になろうと、そこに事件があれば解くのだ。工藤新一という男は。

  それにしても、コナンくん表情豊かで可愛い…。

  そして、最後に犯人がコナンくんを追い詰める時のセリフがけっこう、ツボ。

 

♠︎小さい探偵の苦労

 「江戸川コナン」として黒ずくめの奴らを探し出すと決めたが、なかなか思うようにいかない。事情聴取も普通に出来ない。推理も聞いてもらえず、子供扱い邪魔扱い。

  それでも、頭脳は工藤新一のままだからキレキレの推理で真相にたどり着くも、子供の体じゃ太刀打ちできない!!解決しても小五郎に手柄を取られる!!!散々だ!

  けど、犬に乗って現場に駆けつけるのは子供の姿ならでは!!


♠︎江戸川コナン‼︎探偵さ‼︎!」
  この名ゼリフ。自分自身にも言い聞かせてたのかもしれない。この姿になっても自分は探偵なんだという強い意志と、新一のキザな部分の表れ。

 

♠︎蘭の空手

  初めての本格的な蘭の格闘シーン。強すぎてシビレるね。爽快、爽快。本当にね、蘭の素晴らし〜〜い個性です、空手は!!蘭の大きな魅力の一つ。そして、決してひけらかすこともなく、"守るために戦う"っていうところも超カッコいい…。

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-

 

あとがき

  久々すぎる更新となってしまいました…。夏休み中、爆更新(なんだそれ)するつもりが、一度も更新せず…。

  まあ、始めるときこうなること予想済みではあったので(笑)マイペースでやっていこうと思っております(^^;

  次の更新はいつになるのやら…!!!

 

(今回内容薄かったっかな…)

 

♡♡♡♡♡THANK YOU FOR READING ♡♡♡♡♡

 

〜My favorite 1コマ〜

f:id:deteconayuzu:20170918175258j:image

名探偵コナン』1巻 p77より 

小さくなった名探偵

f:id:deteconayuzu:20170620114033j:image

第1巻  File.2 [小さくなった名探偵]

 

 

あらすじ

   黒ずくめの男に殴られ、気を失っていた新一は、警備員たちの声で目を覚ます。警備員に保護された新一は黒ずくめの取引のことを必死に話すが、取り合ってもらえない。様子がおかしいと思いながらふと鏡をみると、そこに映っていたのは小学生の姿をした自分だった。

  警備員に託児所へ預けられそうになるのを振り切り、逃げ回ってなんとか自分の家まで辿り着くと、隣に住む阿笠博士に偶然出会う。事情を説明すると、阿笠博士から「新一が生きていると奴らにバレたら新一はおろか、周りの人たちにも危害が及ぶ。小さくなったことは他の人には内緒に」というような助言を受ける。

  その後やってきた蘭に名前を訊かれた新一はとっさに『江戸川コナン』と名乗り、素性を隠したまま、探偵をやっている蘭の父親毛利小五郎の家へ転がり込み、黒ずくめの情報を待つ日々が始まる。

 

 

 

登場人物

f:id:deteconayuzu:20170626152421j:image f:id:deteconayuzu:20170620120903j:imagef:id:deteconayuzu:20170620120913j:imagef:id:deteconayuzu:20170620120920j:image

 

 

解決のカギ🗝

 

小五郎のおっちゃんの探偵能力 

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-

 

感想

 この話では、コナンがなぜ素性を隠しているのか、どうして蘭の家に居候しているのか、そして、工藤新一が『江戸川コナン』と名乗ったわけなど『名探偵コナン』においての"そもそも"が描かれております。ズバリ!『江戸川コナン』誕生のエピソードです!!

 

 

♠︎名探偵の本領発揮

   黒ずくめに体を小さくされて、自宅のドアの取っ手に手が届かないところを、爆発の勢いで外に放り出された阿笠博士に発見される新一。「オレだよ、オレ!新一だよ!!」と必死に訴えも届かず。それなら…と新一は得意の推理で阿笠博士コロンボというレストランで食事をしたことをズバリ当てる。その説得力ある推理と「チッチッチッ…初歩的なことだよ…阿笠君♡」で、やっと新一だということを認める博士。

  新一を新一だと証明するものが"推理力"というのがなんともカッコいい。確かに、あの的確で説得力のある推理は誰も真似できない。隣に住む高校生が急に小学生の姿をして現れても納得してしまうほどの、新一の素晴らしいアイデンティティ

 

♠︎阿笠博士と新一君

  新一がなにやらヤバい組織に関わってしまっても、当たり前のように味方になって協力してくれる博士。「君の正体が工藤新一である事は、ワシと君だけの秘密じゃ!!」の言葉は、自分も被るかもしれない害よりも、新一のことを想っていることがよく表れている、愛のある言葉だと感じる。

  幼い頃から新一を暖かく見守ってくれて味方でいてくれるいる博士。親子のようであり、時には友達のような2人の関係がとても好き!あんなに歳が離れてるのにね。博士がお茶目だからかな〜〜。

  【阿笠博士黒幕説】なんかも耳にするけど…私は博士を信じてるっっ…!!黒幕だったら悲しすぎるもの!!!この噂には作者の青山先生も「違う」って言及してるしねっ!!うん!

 

♠︎江戸川コナンのはじまり

   新一が心配で工藤邸に来た蘭。「ら、ら…蘭だ!!!」とオタオタする新一くんカワイイ…。自分が新一だとバレないように、少しでも変装しようとかけた父親のメガネに(度が高すぎて)クラッとしてからのレンズをポンポンっと外すシーンが好き。そして、なんとか誤魔化せたけど今度は名前を聞かれてピンチ‼︎本棚を背にジリジリ追い詰められた新一。チラッと振り向くと『江戸川乱歩全集』と『コナン・ドイル傑作選』の文字が目に入る。そして咄嗟に、「ボ、ボクの名前は、江戸川コナンだ!!!」と。作家の名前を組み合わせて出来た名前なんですねぇ。これが『江戸川コナン』の誕生の逸話!逸話でもないかな、けっこう有名かな。わかる人にはわかるだろうし!

  でも、この後蘭や博士にも突っ込まれてるけど、思いっきり日本男児しかも江戸っ子のクセに『コナン』とは!!…いや、でもナイスな組み合わせだと思います。『名探偵ドイル』になりかけたりもしたらしい…。『コナン』で良かった!!本当に!!

 ちなみに、名前を言うシーンの本棚に、青山剛昌氏のある漫画もこっそり描かれています♣

 

♠︎蘭の想い、新一の葛藤

   探偵事務所に向かう中、蘭がコナンに「好きな子いる?」と尋ねる。蘭の「わたしはいるよ!!」に対し冗談半分で「それって新一兄ちゃん?」と問うコナン。この時、冗談半分だけどあとの半分本気だろうから、きっとドキドキしてたんだろうなぁ新一くん。そして「そうよ!」と答える蘭。続けて新一の好きなところを嬉しそうに楽しそうに話す蘭とそれを聴いて照れる新一。私のとてもとても好きなシーン…。

  どうして蘭は唐突に、しかも初めて会った小学生の子にそんな話をしたのだろう。

  その時の蘭は新一が心配で心配で、きっと新一のことで頭がいっぱいだった。そんな時に新一の家に現れた男の子。どことなく新一と同じなにかを感じる…。そんなコナンに、新一への想いを口にしてみたのかもしれない。

  思いがけず蘭の想いを聞いてしまったコナンは、正体を隠していることに罪悪感を覚える。「ほ、本当は…」と打ちあけようとするもタイミングよく(悪く?)小五郎に阻まれる。ここで打ち明けてたら…いや、コナンは言わなかっただろうな。言えない。言えば、事情を知ってしまった蘭にも危害が及んでしまうかもしれないから…。そんな葛藤を抱えながら蘭と一緒に住むことになる。そして、新一がコナンになったことで[蘭・新一・コナン]の切ない関係がはじまる。

  

 

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-

 

あとがき

   今回の話は、劇場版の冒頭で、新一&コナンが必ず説明してくれる常套句「オレは高校生探偵工藤新一…」の内容そのものです!(笑)

  ということで、特に"事件"という訳ではないのですが重要だったので書いてみました♪

  蘭・新一・コナンの切ない関係については、後々の話の中で色々書いたいなぁ〜と考えております。

  ひと月のうちに一巻分も書き上げられない…。これじゃあ、最新巻にたどり着くまで何十年かかるのやら(笑)

 

 

♡♡♡♡♡THANK YOU FOR READING ♡♡♡♡♡

 

〜My favorite 1コマ〜

f:id:deteconayuzu:20170626050026j:image

 『名探偵コナン』1巻 P64より

ジェットコースター殺人事件

 f:id:deteconayuzu:20170605234826j:image

第1巻 File.1[平成のホームズ]

 

 

あらすじ

 名探偵シャーロックホームズに憧れる高校生・工藤新一は「日本警察の救世主」と世間に呼ばれるほどの推理力の持ち主であった。

ある日、新一は幼馴染の毛利蘭と共にトロピカルランドに遊びに行き、おぞましい事件に遭遇してしまう。乗っていたジェットコースターがトンネルに入り、出ると前の人の首が無くなっていたのだ…。これは事故なのか?たった数秒の暗闇の中で何が起きたのか…。更に、好奇心に駆られた新一は、黒ずくめの男たちの怪しい取引を目撃してしまう。

 

 

 登場人物

f:id:deteconayuzu:20170524215108j:plainf:id:deteconayuzu:20170524215153j:imagef:id:deteconayuzu:20170524215357j:imagef:id:deteconayuzu:20170524215632j:image

 

f:id:deteconayuzu:20170524215426j:image岸田…愛子の彼氏

f:id:deteconayuzu:20170524215452j:image愛子…岸田の彼女

f:id:deteconayuzu:20170524215440j:imageひとみ…岸田、愛子の友達

f:id:deteconayuzu:20170524215526j:image友人A…岸田、愛子の友達

 

解決のカギ🔑

ジェットコースター・真珠のネックレス・涙

 

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-

 

感想

  この話は、『名探偵コナン』の根幹に関わる重要な話であり、記念すべき第1話である。被害者の殺され方は、2017年現在のコナンでは決して見られないだろうと思われるほど、かなり過激な殺され方である…。そして、ジンとウォッカがジェットコースターに乗るというね。なかなかのレアシーン。ジェットコースターに乗って取引相手を確認しよう、という発想が、可愛い。

  それから、この物語の1番最初に新一が解決する事件、実は漫画とアニメでは少し内容が異なっていて、漫画では殺されたのは主人の奥さんだけど、アニメでは主人の親友・ヤマザキ頭取になっているんですね。この事件のトリックや事件背景はアニメの第1話で詳しく、エピソードONEではより詳しく描かれています♪

 

♠︎平成のシャーロック・ホームズ

 「オレは探偵を書きたいんじゃない…なりたいんだ!!平成のシャーロック・ホームズにな!!」と言うほど、ホームズ好きの新一くん。ほとんどオタクです。蘭とのデートの最中でも楽っしそ〜にホームズを語ってる。その時の嬉しそうな顔!可愛いね〜。本当に好きなんだねぇ。私もコナン語るときそんな感じだから、気持ちわかるよ〜〜。

  ホームズのように冷静な口調で推理を披露するけど、テレビや新聞に特集されて得意げに笑う姿は普通の高校生だな〜と感じるし、「犯人は…」と口にするときは、犯人に同情こそしてないが起きてしまった悲しい真実を思ってか、少し悲しげな顔をしている。そのさりげない表情から、ズバズバ冷酷に真実だけを解き明かし満足するのではない、工藤新一の心の暖かい人間性がうかがえる。

 

♠︎幼なじみの2人

   この話では、新一と蘭の仲睦まじい様子がたっっくさん描かれていて、新蘭好きの私にはたまらない話である。

  通学路では、冗談を交えながら仲良くお喋り♪会話から"幼なじみ"の関係性がよぉ〜く伝わってきて、見ているだけで幸せ。当たり前のように一緒に帰るっていうのが揺るぎない2人の仲を表すようで、愛おしい。

  トロピカルランドでは、大胆な妄想をする新一くん♡実現するか…?と思いきや、「バーカ、何あせってんのよ‼︎ウソに決まってるでしょー‼︎」キャハハハと笑う蘭ちゃん!顔赤くして悔しがる新一くん。からの「でもね…楽しみにしてたのはホントだよ‼︎」の蘭ちゃん‼︎‼︎  …好き。この、蘭にしか言えない言葉であり、新一に向けてだから言える言葉と笑顔。この、恋人未満の(いや、本当はお互いそれよりもっと大切な存在なのだけれど)"幼なじみ"の距離感がたまらなく、胸にクる。

   それから、声を大にして言いたいのは、新一といる時の蘭ちゃんは本っ当に可愛いということ。新一の前でしか見せない表情や言動がとてもとても尊くて、可愛い…。

 

♠︎黒ずくめとの出会い

 黒ずくめと新一の初めての出逢いは、ジェットコースター乗り場。ジンの目を見た新一が「なんだ、こいつの凍りつくような目は!!」というセリフが印象的。どれほど冷酷な目をしてたんだろ…。そして、「いつか危ない目にあうわよ!!」の蘭の忠告も虚しく…ヤバい組織に見つかってしまう新一。殴られたとき死ななくてよかったよ!新一くん!そして、謎の薬登場。死体から毒が検出されない、まだ人間に試したことがない試作品。この薬を飲んだことによって、物語が始まる。

 

 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-

 

あとがき

  いつか『名探偵コナン』を詳しくまとめたものを書こう、と思っていたけど、その"いつか"は「コナンが完結したら」とか「文章もっと上手くかけるようになったら」とかにしようとしていて、でもそんなの待ってたらいつになるやら…と気づいたので、コナン92巻、文章ヘタ の時点で書くことにしました。

  コナンの事件の整理と文章力の向上と、ほとんど自分のためにやってるんですが(笑) 読んでくださる方がいてくれるなら、少しでも楽しいに記事にできるよう、技術向上に努めたいと思いますっ!!

 

 

♡♡♡♡♡ THANK YOU FOR READING ♡♡♡♡♡

 

 

〜My favorite 1コマ〜

f:id:deteconayuzu:20170522090309p:plain

名探偵コナン』1巻 P40より